車庫飛ばしの罰則と逮捕例

車庫飛ばしの罰則と逮捕例

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
車庫飛ばしは犯罪だ
 「うっかり車庫飛ばしをしていた」「意図的に車庫飛ばしをしていた」
どんな理由にせよ、車庫飛ばしは犯罪になってしまう。

 しかし、車庫お飛ばしが犯罪であるという意識が足りない人があまりにも多い。
そこで今回は、一体どんな罰則が待ち受けているのかを紹介しよう。

車庫飛ばしの罰則

捕まった男

車庫飛ばしはどんな法律に違反するの?


 トラックを含め、自動車は「自動車の保管場所の確保等に関する法律」という法律で適切な保管場所を確保するように定められている。
この法律の目的は以下の通りだ。

この法律は、自動車の保有者等に自動車の保管場所を確保し、道路を自動車の保管場所として使用しないよう義務づけるとともに、自動車の駐車に関する規制を強化することにより、道路使用の適正化、道路における危険の防止及び道路交通の円滑化を図ることを目的とする。 自動車の保管場所の確保等に関する法律


 では、車庫飛ばしをするとどのような罰則を受けなくてはならないのか。


【Tips】
車庫飛ばしについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして欲しい。
Q.車庫飛ばしとはなんですか?




車庫飛ばしをした際の罰則


 車庫飛ばしをした際に受けるであろう罰則は以下の通りだ。

【車庫飛ばしの罰則】
虚偽の保管場所証明申請
20万円以下の罰金
道路の車庫代わり使用
3ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金
免許:3点減点
道路における長時間駐車
20万円以下の罰金
免許:2点減点
保管場所の不届け・虚偽提出
10万円以下の罰金

罰金だけでなく、免許の減点まであるようだ。



車庫飛ばしで逮捕された例


 車庫飛ばしで逮捕されてしまった例をいくつか紹介しよう。

【車庫証明が不要な地域で...】
 車の登録台数や交通量が少ない地域(主に村など)では、自動車を登録する際に車庫証明が無くても、住民票があれば登録をすることが出来る。
この裏をかき、中古車販売店経営者の容疑者Aは、村に住む女性Bさんの住民票を不正に取得し、2011年に女性Bさんの住民票を使用して5台の虚偽申請を提出したようだ。

 容疑者Aは「車庫証明が出来るまでの3日ほどが面倒だった。手数料代を免れようとした。」と供述したという。
事件の発覚は、女性Bさんが見に覚えのない駐車違反などの通知を受けて不審に思い、警察署に相談したのだとか。

 調査の結果、この容疑者Aは住民票を不正取得し、店で売る48台もの自動車を登録していたようだ。


【排ガス規制で...】
 自動車のNOx・PM法をご存知だろうか。
排出ガスの規制のことだが、都心ではNOx・PM法に該当してしまうトラックを登録することが出来ないのだ。

 埼玉県の土木建設会社の社長であり今回の容疑者Aは、自社で所有しているダンプカー3台をさいたま市見沼区の駐車場に止めていたが、NOx・PM法を逃れるために栃木県を本拠地に変更し、車検を受けていた。
この車検に関わった整備工場の社長など、合わせて4人も逮捕されてしまった。

特に排ガス規制による車庫飛ばしは多いようだ。
確かに、今まで使用していたトラックがこれからは使えませんと言われてしまったら車庫飛ばしをしたくなる気持ちもわからなくはない。
しかし、犯罪は犯罪だ。
素直に、新しいトラックへ買いなおそう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
車庫飛ばしをしている人は多いかもしれないが、車庫飛ばしは列記とした犯罪だ。
自覚がある人はもちろん、無自覚で車庫飛ばしをしてしまっている人もいると思う。
そこで、車検証に記載されている使用の本拠の位置と、車庫の位置が合っているかを確認して欲しい。

【関連記事】
Q.車庫飛ばしのやり方・方法を教えて!

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)