Q.オイルによる手の汚れを落とすには?

Q.オイルによる手の汚れを落とすには?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
手が汚い
Q.荷物の積み下ろしや、オイル交換などで手が汚れてしまった時に汚れをキレイに落とす方法を教えて下さい!

たしかにトラックを運転していると、積み下ろし、オイル交換の時など、手が汚れる要素はたくさんあるだろう。
しかし、市販のハンドソープで洗っても全然汚れは落ちないものだ。
という訳で、今回は手のオイル汚れなどをキレイに落とす方法を紹介しよう。

オイルや油による汚れをキレイに落とす方法

市販のハンドソープ

なぜ、市販のハンドソープでは落ちないのか


 そもそも、なんで市販のキレ○キ○イなどでは、手についたオイルは落ちないのか。
ハンドソープと謳うのだから、しっかりと汚れを落としてもらいたいものだ。

【肌にやさしいハンドソープ】
 現在、市販されているハンドソープのほとんどが「肌にやさしい」的な事をアピールしている。

ハンドソープを製作する化学会社は「肌にやさしい」を実現するために、保湿効果を高め、洗浄力を弱めているのだ。
 確かに、日常生活ではハンドソープでも落ちない汚れが付く事は滅多にないので、洗浄力が多少弱まった所でハンドソープユーザーには気にもならないことだろう。

 しかし、日常的に手が汚れている人がこの世にはゴマンといるのだ。
そんなあなたのために、洗浄力抜群のハンドソープを紹介しよう。




ユーゲル

1.ユーゲルDX - 中部ユーゲル販売株式会社


 まず、エントリーナンバー1番は「ユーゲル」だ。
整備工場などに務めている方なら、一度は見たことがある、もしくは使用したことがあるのではないだろうか。
というほど有名な粉石鹸である。
かわいらしいピンク色とは裏腹に、この粉が手の指紋などに入り込み、ゴリゴリと汚れを落としてくれる。

 水なしでも使用することが出来るのも嬉しい仕様だろう。
(タオルを持ち歩く必要があるが)
また、価格もかなり安く、一番小さい500g入でも¥200程度のようだ。
今回紹介する中で一番安いので、一度購入してみるのも良いかもしれない。

【公式サイト】
ユーゲル - 中部ユーゲル販売株式会社




ワンタッチクリーナー

2.ワンタッチクリーナー - 横浜油脂工業株式会社


 お次は、エントリーナンバー2番「ワンタッチクリーナー」だ。
こちらの製品は、2種類のスクラブと脂肪塩酸が指紋の中にまで入り込み、しつこい油汚れを落としてくれる。

 この製品の嬉しいポイントが、肌の事を考えて保湿性の高いヒアルロン酸を配合しているところだ。
洗浄力を基本に考えつつ、肌のことを忘れているわけではない
そんなスタイルに脱帽モノだ。

【公式サイト】
ワンタッチクリーナープラス - 横浜油脂工業株式会社




ファストオレンジ

3.ファストオレンジ - パーマテックス


 最後に紹介する、エントリーナンバー3番の製品は「ファストオレンジ」だ。
実は私が一番紹介したかったのが、この「ファストオレンジ」なのだ。

 水を付けない状態で、スクラブが指紋の中までゴリゴリと入って汚れを落とし、水で洗い流すのはもちろん、そのまま
タオルで拭きあげても問題ない。

 さらに、このファストオレンジもワンタッチクリーナー同様に肌への考慮も忘れてはいない。
アロエ、ラノリン、ホホバオイルを配合しており、保湿効果も期待できる。
もちろん、洗浄力は抜群だ。

【公式サイト(英語)】
ファストオレンジ - パーマテックス




ネイル&ハンドブラシ

【番外編】ネイル&ハンドブラシ - KTC


 番外編として、あったら便利な物を紹介する。
それが、「ネイル&ハンドブラシ」だ。

 これまで紹介してきた洗剤は、どれも粒子が指紋の奥まで入り込んでキレイにしてくれるものだった。
しかし、ひどい汚れとなると汚れが落ちきっていないのにスクラブは消耗して無くなってしまい、洗剤を追加するしかなかった。
だが、このブラシを使用すればスクラブが無くなってもブラシのおかげで指紋の奥の奥まで、あるいは爪の隙間の奥まで入り込んで徹底的にキレイに洗うことが可能になる。

 是非、一度このブラシを試してみて欲しい。
その感動の効果に手放せなくなるはずだ。

【公式サイト】
ネイル&ハンドブラシ

手についたオイル汚れを落とす動画

 どちらの動画もファストオレンジについての動画だが、海外の方は大雑把なのか、なぜ最後まで綺麗に洗わないのだろうか...
しっかり洗えばピカピカツルツルになるのに...

 ちなみに、2番目の動画は水を使わない場合に参考になるものだ。
最後はタオルで拭き上げればキレイになる。





おわりに

 いかがだっただろうか。
やはり、手の汚れをしっかり落としたいのであれば、専用の物を用意したほうが良いだろう。
ましてや、日々手が汚れるようなら、なおさらだろう。
あなたの手が汚れてしまった時に、この記事が参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)