トラックの洗車の方法、鳥の糞には注意

トラックの洗車の方法、鳥の糞には注意

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
洗車美女
 あなたは新しく購入したトラックをきちんと洗車しているだろうか。
せっかく買ったトラックなのだから、いつまでもピカピカに保ちたいものだ。
そこで今回はトラックの洗車の方法についてまとめてみたので
あなたが愛車を洗車する際の参考にしてもらいたい。


              
                                                           

トラックの洗車の手順

洗車スポンジ
ホースに取り付けるスポンジブラシ

トラックの洗車の際に用意しておきたい物


 まず、洗車を始める前に洗車用品を用意しよう。
最低限、以下の物を用意したい。

【洗車に必要な用品】
  • スポンジ(ボディ用)
  • ブラシ(タイヤ・ホイール用)
  • カーシャンプー
  • セームタオル(ふき取り用)
  • バケツ
  • 脚立

上記のものを用意しよう。
ちなみに、カーシャンプーは中性洗剤(食器用など)でも代用できる。

 脚立は高い場所を洗車するためのものだが、用意できない人は「ホースに取り付ける洗車スポンジブラシ」というものもあり、これを使えば脚立が無くても高いところの洗車が可能だ。
箱物トラックの荷台を洗う場合には、かなり便利だろう。




トラックを洗車する手順


 では、実際に洗車を行おう。
洗車の手順は以下の通りだ。

【洗車の手順】
  1. ブラシでタイヤと下回りを洗う
  2. トラック全体に水をかける
  3. カーシャンプーを泡立てる
  4. 屋根を洗う
  5. 側面を洗う
  6. 水滴を拭き取る


【1.ブラシでタイヤと下回りを洗う】
まずは、タイヤから洗おう。
バケツにカーシャンプーと水を入れ、そのカーシャンプーを
ブラシに付けながら、タイヤとホイールを洗おう。
こびりついたブレーキダストが流れていくのが見えるだろう。
ついでに、下回りも洗ってしまおう。


【2.トラック全体に水をかける】
タイヤとホイールを洗ったら、ボディに移ろう。
ホースの水をトラック全体にかけて、トラックに付いたホコリを洗い流す。
たっぷり水をかけてあげよう。


【3.カーシャンプーを泡立てる】
タイヤを洗った際のカーシャンプーを捨て、新しくカーシャンプーを入れよう。
希釈するための水は水圧をかけて勢い良くバケツに入れることによって、カーシャンプーがモコモコと泡立つはずだ。
勢いをつけすぎて、自分にかからないように気をつけよう。


【4.屋根を洗う】
スポンジに泡をたっぷり付けて屋根を洗おう。
ここでのポイントは、スポンジでゴシゴシ洗うのではなく、
泡で優しく撫でるようなイメージで洗うことだ。

全体的に泡で洗ったら、乾く前に水ですすいでおこう。
泡のまま乾いてしまうとシミになってしまい、そのシミを取るのに手間取ってしまう。


【5.側面を洗う】
屋根を洗ったようにフロント、サイド、リアと洗い進めよう。
この時も、泡が乾く前にすすぐのを忘れないようにしよう。


【6.水滴を拭き取る】
全体が洗い終わったら、トラックに付いた水滴をセームタオルで拭き取ろう。
この水滴を放置すると、乾いてシミになったり、水アカの原因になったりもするので、丁寧に素早く拭き取ろう。




鳥

鳥の糞がついてしまったら


 知らぬ間に、トラックに鳥の糞がついていた...
なんていうことは良くあることだ。

 もし鳥の糞が付いているのを発見したら、すぐにでも洗車してもらいたい。
実は、鳥の糞には塗装を劣化させる効果があり、放置していると鳥の糞自体を落とすのが困難になる他に、塗装が剥がれ、
ボディが錆びてしまう事もあるのだ。
たとえ、洗車したばかりのトラックだとしても、面倒くさがらずにもう一度洗車して欲しい。

【その他の洗車関連の記事】

トラックの洗車に関する動画

 この動画はどこかの企業のアピール動画だが、洗車の雰囲気が伝わる動画だったので紹介する。

おわりに

 いかがだっただろうか。
毎日乗るようなトラックだからこそ、愛情を持って接していきたい。
そのためには、日々の洗車もサボらずに行おう。
なお、洗車の頻度は人それぞれだが、週に一度くらいは洗って欲しい。
洗車の際に、この記事が参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)