手数料納付書の書き方

手数料納付書の書き方

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
書類を書く男
 様々な手続きをする際に必要になってくる書類が「手数料納付書」だ。
読んで字のごとく、申請に必要な手数料を納付するための用紙である。
今回は、手数料納付書の書き方についてまとめてみたので、あなたが何かの申請をする際の参考にしてもらいたい。

手数料納付書の記入項目

手数料納付書の記入例
クリックで拡大

手数料納付書が必要な申請内容


 手数料納付書には、申請したい項目にチェックを入れるような形式になっている。
どのような項目があるのかを見てみよう。

【申請項目】
  • 新規登録・新規検査
  • 変更登録
  • 自動車検査証記入(構造等変更検査)
  • 移転登録
  • 所有者変更記録
  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録
  • 輸出抹消仮登録
  • 解体届出
  • 輸出届出
  • 輸出抹消仮登録証明書返納
  • 輸出予定届出証明書返納
  • 番号変更
  • 更正登録
  • 自動車検査証返納証明書
  • 継続検査
  • 自動車検査証再交付
  • 検査標章再交付
  • 限定自動車検査証再交付
  • 予備検査
  • 登録事項等証明書
  • 検査記録事項等証明書
  • その他


以上の申請項目がある。
※継続検査の際には手数料納付書は不要かもしれない。
私は、実際に継続検査をした時に手数料納付書を提出したことはない。




手数料納付書を書こう


 では、実際に手数料納付書を記入していこう。

【自動車登録番号又は車体番号】
ここには、あなたのトラック及び自動車の自動車登録番号を記入しよう。
自動車登録番号とはナンバープレートに書いてある番号と同じだ。
記入例の画像では「東京100と1234」と記入してある箇所である。

また、抹消中の車両の場合は車体番号を記入しよう。

【所有者又は使用者の氏名又は名称】
この項目には、所有者又は使用者の氏名を記入する。
所有者が変更になるような手続きの場合は所有者の氏名を記入し、その他の構造等変更検査(構造変更)などの申請の場合には使用者の氏名を記入する。
記入例では「トラック 買い太郎」と記入した。

【申請者又は申請代理人の氏名】
ここには、実際に申請する人の氏名を記入しよう。
あなた自身で申請する場合には、あなたの氏名を記入すれば良い。
記入例では、所有者と同じく「トラック 買い太郎」と記入した。

【申請項目にチェック】
先述したが、申請したい項目にチェックを入れよう。
一台で複数の申請を同時に行う場合には、複数チェックを入れよう。

【印紙貼付欄】
ここには、申請に必要な分の手数料を貼り付けよう。


【手数料納付書に関する記事】


おわりに

 いかがだっただろうか。
この書類は記入がとても簡単なので、是非あなたの手で書いてもらいたい。
その際には、この記事を参考にしてもらえれば幸いだ。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)