トラックのユーザー車検を取る方法・費用

トラックのユーザー車検を取る方法・費用

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
てんけんくん
 あなたは、トラックの車検にかかる費用がバカバカしいと思ったことはないだろうか。
大型トラックともなるとウン十万という費用を業者に支払うわけだが、自分で車検を取ったほうがどう考えても安上がりだ。
きっとそう思ってこの記事に辿り着いたのではないだろうか。
という訳で、今回はユーザー車検の取り方、必要な書類、費用について説明する。

ユーザー車検

整備士のような男

ユーザー車検とは


 ユーザー車検とは、個人が陸運局まで足を運び自分で車検を受けるという車検の取り方だ。
不景気の煽りを受けてか、最近では一般の人が車検を取りに来ることも珍しくない。
そのため、陸運局(車検場)の検査員も親切に教えてくれるようになった。



ユーザー車検のメリット


 ユーザー車検のメリットとは、車検の費用を抑えることが出来るということだ。
特に、ディーラーに車検を出していた方からすると物凄い節約になる。
私の知人に実際にあった話だが、今までディーラーでしか車検を受けていなかったのを、自分で行ってみたところ
¥100,000ほど安く上がったのだ。

ディーラーのフォローをしておくと、ディーラーでは隅々まで細かくトラックを点検してくれ、安心してトラックに乗ることが出来る。




ユーザー車検のデメリット


 確かに安上がりに車検を取ることが出来るユーザー車検だが
メリットばかりではない。
自分でしっかり点検したつもりでも、気付かない所で不具合が生じている可能性があるというところだ。
この点は、ディーラーや整備工場にはかなわない。
もし、気になるところがある場合は、素直にディーラーもしくは整備工場に依頼しよう。
その際は、気になる箇所をちゃんと伝えておくことだ。気付かれずに納車してしまうかもしれない。



ユーザー車検の費用


 トラックにもよるが、ユーザー車検にかかる費用は以下の通りだ。

【費用】
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 検査手数料(およそ¥2,000)

以上だ。では、日野・プロフィアを例に見てみよう。

【日野・プロフィアの場合(例)】
  • 自賠責保険料 - ¥35,730
  • 自動車重量税 - ¥125,000
  • 検査手数料 - ¥1,800
  • 合計 - ¥162,530

となる。
業者に依頼すれば¥200,000は超えるだろう。

費用に関する記事を乗せておく。

ユーザー車検を取ろう

ダンプ

ユーザー車検に必要な書類


 まずは、ユーザー車検に必要な書類を揃えよう。

【ユーザー車検に必要な書類】
  1. 車検証
  2. 自賠責保険証
  3. 自動車税納税証明書
  4. 自動車検査票
  5. 自動車重量税納付書
  6. 申請書(OCR3号様式)

以上の書類が必要になる。
あと、忘れてはいけないのが、あなた(使用者)の印鑑だ。
では、これらの書類を持って陸運局に行こう。
(4,5の書類は陸運局でもらい、6は購入する)





いざユーザー車検へ


【陸運局へ行くにはまだ早い】
 いきなり陸運局へ足を運ぶのはまだ早い。
なぜなら、ユーザー車検には予約が必要なのだ。
こちらから予約しよう。
検査予約システム-予約トップ

【必要書類をGETしよう】
 予約の当日になったら、一時間前には陸運局へ行こう。
そして、必要書類(必要書類の4,5,6)を購入。
見本を見ながら記入をしよう。
わからない場合は係員が親切に教えてくれる。

【自動車重量税、手数料の納付】
 書類の記入が終わったら、自動車重量税の納付と、検査手数料の納付をしよう。
検査手数料は、¥2,000前後だ。
自動車重量税に関しては、こちらを見て確認して欲しい。
トラックの重量税早見表(平成25年度)と、エコカー減税について

【予約の確認】
 書類も揃い、重量税も納付したら、予約の確認を行おう。
「ユーザー車検予約確認」の様な窓口があるはずなので、そこで予約番号を伝えよう。
その際に、点検はしたかどうかを聞かれるだろう。
通常、車検業者は点検をしてから車検に行くので「点検整備記録簿」と言うものを持っており、それを提出することで点検済みの車両である事がわかるのだ。

しかし、一般の人は、「点検整備記録簿」なんて持っていないので、「後で点検をします」と伝えよう。
そうすると、後日あなたの家に「点検しましたか?忘れずに点検しましょう」というハガキが届く。
しっかり点検したい人は、後に整備工場で点検してもらおう。

【検査】
 いよいよ検査だ。
検査は基本的には機械で行うので、機械のラインに並ぼう。
その並んでいる間に検査員が来て、電気類の点灯確認、クラクション、ワイパーの動作などを検査する。
その際に「初めて車検を受けます」と伝えると、検査の最後まで検査員が指示してくれるのでそれに従おう。

 ラインでは、以下の様な検査をする。

  • 排気ガスの検査(黒煙検査)
  • サイドスリップ
  • フットブレーキ
  • サイドブレーキ
  • スピードメーターの確認
  • ヘッドライトの光軸検査
  • 下回りの検査

検査の内容に関しては、ただいま執筆中なので少々お待ちいただきたい。

【書類の提出】
 すべての検査が終わり、検査員に合格のハンコを押してもらったら車検の窓口に行って書類を提出しよう。
しばらくすると、新しい車検証と、車検ステッカーをもらえるはずだ。

ユーザー車検に関する動画

 トラックではないが、ユーザー車検に関する動画を見つけたので貼っておく。
基本的な流れは普通車もトラックも変わらない。


おわりに

 いかがだっただろうか。
あなたのトラックが調子が良ければユーザー車検を受けてみよう。
費用はかなり抑えることが出来るし、経験というのは財産になる。
しかし、トラックの調子があまり良くないと思われる場合には、素直に業者に依頼しよう。
この記事を参考にユーザー車検に挑戦してみてくれれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
鉄粉を除去する2つの方法
トラックの洗車の方法、鳥の糞には注意
トラックのユーザー車検を取る方法・費用
車でコンセントを使う?DC/ACインバーターとは
車中泊を快適にする6つのグッズ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)