高所作業車の始業点検と点検表

高所作業車の始業点検と点検表

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
高所作業車
 あなたは、高所作業車を運転する前にちゃんと始業点検を行っているだろうか。
実は点検など行わずに運転してしまっているのではないだろうか。
そんなあなたのために、今回は高所作業車の始業点検について説明する。
なお、高所作業車点検表をダウンロード出来るようにもしておいた。


              
                                                           

高所作業車の始業点検とは

高所作業車の点検
 高所作業車の始業点検とは、毎回の作業の前に行わなければならない点検の事で、これを怠ると危険な事故にも繋がりかねない重要な業務だ。


静止点検


 まずは、高所作業車を動かさずに周囲の点検から始めよう。
点検したい項目は以下の通りだ。

【点検項目】

ジャッキ
損傷や、ガタつきはないか。
下部操作スイッチ・レバー
異変は無いか、スイッチ・レバーの動作に異状はないか。
ブーム
歪みや、損傷は無いか。
バケット(作業床)
バケットに損傷や異変はないか。
手すり
手すりが破損していたりしないか。
上部操作スイッチ・レバー
異変はないか、スイッチ・レバーの動作に異常はないか
バケット平均取り装置
調整バルブがしっかりと閉じられているか。緩んでいる
場合は閉じること。
各部ボルト・ピン
ボルトやピンが緩んではいないか。緩んでいるようなら
閉めること。
警報装置
警報装置はちゃんと動作するか。
照明
作業灯などの照明はちゃんと点灯するか。
取扱責任者名
取扱責任者名の表示がしてあるか。
バッテリー
バッテリーの充電は十分か



作動点検


 静止点検が終わったら、作動点検を行う。
作動点検を行う際は、まわりの安全を確認してから行うこと。

【点検項目】

PTOレバー
PTOレバーの切り替え時に異常はないか。
PTO
PTO自体に異音などはないか。
ジャッキ
レバー操作に合わせて正常に動作するか。
ブーム
レバー操作に合わせて、起伏・旋回・伸縮の動作が
スムーズに行えるか。
バケット
レバー操作に合わせて、正常に首振りが行えるか。
操作レバー・スイッチ
スムーズに動かせるか、操作後に中立位置に戻るか、
ガタつきや引っ掛かりがないか。
安全装置
インターロック装置、非常用ポンプ装置、停止スイッチ、
作業範囲規制装置などの安全装置が正常に作動するか。


これらの点検を毎回行うようにしよう。
記事で見ると面倒だと思うが、実際に行うと簡単であることがわかるはずだ。

高所作業車点検表

点検表
 この記事で紹介した点検項目とは多少異なるが、高所作業車点検表を見つけたので紹介する。

【高所作業車点検表】
※リンクをクリックするとダウンロードが始まる。
ダウンロードしたくない方はリンクをクリックしないように。



まとめ

 いかがだっただろうか。
高所作業車を運転する前には、面倒臭がらずに始業点検を行って欲しい。
後悔先に立たずではないが、小さな異変をそのままにしてしまい、あとで事故が起きたり、修理代に何十万円というお金がかかってしまうかもしれない。
それを防ぐためにも、この記事を参考に高所作業車の始業点検を行っていただけたら幸いである。

【高所作業車に関する記事】

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)