今からできる!トラックの盗難防止対策

今からできる!トラックの盗難防止対策

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
危険!
 トラックの盗難件数が多いのは、トラック乗りでは常識な事かもしれない。
それ故に、トラックの盗難対策はしっかりとしておきたいのが心情だろう。
しかし、トラックの盗難防止対策と言っても、どのような方法があるのか思い浮かぶだろうか。
今回は、トラックの盗難防止対策についてまとめてみたので、参考にしてもらいたい。


              
                                                           

トラックの盗難防止対策


泥棒

盗難の手口を知る


 そもそも、どうのようにトラックが盗難されるのかをご存知だろうか。
ここでは、自動車の盗難の手口のいくつかを紹介する。

【窓の隙間から専用の工具を使用し解錠】
窓の僅かな隙間から、針金のような工具を使用して、鍵を
開けることが可能だ。

【ドアハンドルをこじって侵入】
工具を使用し、ドアハンドルをこじって侵入してしまう手口
もあるようだ。

【キーシリンダーを壊し解錠】
工具を使用しキーシリンダーを破壊、侵入してしまう手口だ。

【窓ガラスを割って侵入】
窓ガラスを破壊し、そのまま侵入してしまう。

【スペアキーで解錠】
トラックのどこかに隠していたスペアキーを使用し、解錠、
そのままエンジンをかけて逃走してしまう。

【ハンドルロックを破壊】
施錠する際に自動でかかるハンドルロックを破壊し、ハンドル操作を可能にする。

【レッカー車を使用し、そのまま盗難】
事前にレッカー車を用意しており、そのままレッカーされて
しまう。

【イモビカッターを使用し、イモビライザーを無効化】
イモビカッターという特殊な機器を使用し、イモビライザーを無効化してしまう。

ザックリと手口を書いたが、あくまでこれらはほんの一部にしか過ぎない。
窃盗団は、日々盗難の手口を考え出している。
予想もつかない盗まれ方をすることもあるだろう。
では、これらを踏まえて、実際に盗難防止対策を紹介しよう。



貴重品

貴重品、積荷を車内に放置しない


 財布や、カバンなどの貴重品を車内に置きっぱなしに
しているだけで、窃盗団に狙われる確率がグンと上がる。
トラックから少し離れるだけの時でも、貴重品などは肌身
離さずに持ち歩こう。
また、長期的に駐車する際、可能であれば積荷も下ろして
おきたい。
積荷目当てで盗難する窃盗団もとても多いのだ。



コンビニ

トラックから離れる時は、キーを抜く


 例え、コンビニで弁当を買うだけだとしても、トラックから離れる際にはキーを抜いておきたい。
エアコンを効かせていたいからと言ってキーを挿しっぱなしにしていたら、一瞬で盗まれてしまう。
もちろん、トイレ休憩の時もしっかり施錠しよう。



スペアキー

トラックにスペアキーを隠さない


 車内のみんなで乗るようなトラックだと、フロントバンパーの中などにスペアキーを隠している方もいるだろう。
窃盗団はちゃんと見ているのだ。
何事もなかったかのようにスペアキーを取り出し、そのまま
盗難されてしまう。



防犯カメラ

駐車場に防犯カメラを設置する


 窃盗団は、防犯カメラを嫌う。
もし、駐車場に防犯カメラを設置できるようなら是非とも設置したい。
予算がなければ、ダミーでも多少の効果はあるだろう。



眩しい

明るい場所に駐車する


 夜に駐車しておく場合は、なるべく街灯などが光っていて、明るい場所に駐車するようにしよう。
明るいというだけで、窃盗団は嫌がるのだ。
更に、防犯カメラも併用すると効果抜群だ。



ハンドルロック

盗難防止グッズを使用する


 今では、様々な自動車の盗難防止グッズを販売している。
盗難防止用ハンドルロックや、盗難防止用輪止め、後付イモビライザーなど、多様である。

盗難防止グッズに関しては、こちらの記事も参考にしてもらいたい。
これで安心!トラックの盗難防止用品



トラック

イモビライザー付きの車両にする


 思い切って、イモビライザー付きのトラックに乗り換えてしまおう。
イモビカッターのせいで、防犯性は低下しているが、やはり
イモビライザーが付いているトラックと付いていないトラックとでは盗難率はぜんぜん違う。
また、予算上、トラックの買い替えが不可能な方には、後付
出来るイモビライザーというのも販売しているようだ。



保険

保険に入る


 万が一、盗難されてしまった時の事を考えて車両保険に
入っておこう。
また、運送保険という運送用の保険もあるので、検討してみてはいかがだろうか。

自動車盗難に関する動画

【自動車盗難に関する動画】



まとめ

 いかがだっただろうか。
トラックの盗難数はハイエース、クラウン、セルシオに次ぐ勢いで、盗難車の全体の3割が
トラックと言われている程だ。
私の周りにも、実際にトラックのキーシリンダーを破壊、盗難された知人がいる。
そのトラックは乗り捨てられているのを発見し、帰ってきたがキーシリンダーの交換などで
余計な出費をしてしまったと嘆いていた。
そうならないためにも、盗難防止対策はしっかりとしておきたいところだ。

万が一、盗難にあってしまった場合は、こちらの記事も参考にして欲しい。
トラックが盗難された際に、あなたが取るべき5つの行動

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)