うっかり?トラック運転手が犯しやすい交通違反

うっかり?トラック運転手が犯しやすい交通違反

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
取り締まり
 あなたは、交通違反で捕まった事はあるだろうか。
「うっかり」や「気付かずに」違反をしてしまっている場合も多い。
今回は、そんなうっかり犯しやすい違反についてまとめてみたので、今後の運転ライフの参考にして欲しい。


うっかり犯しやすい違反

携帯電話
 うっかり犯しやすい違反の種類と、免許の減点数、反則金などを紹介する。


携帯電話使用(保持)


 最近では、携帯で捕まるのが一番多いのではないだろうか。
電話をしているのはもちろん、手に持って待受画面を見ただけで捕まってしまう恐ろしいルールだ。
しかし、信号待ちなどの停車中なら携帯を触っていても大丈夫だ。

【免許の減点数】
携帯電話の使用で捕まってしまった場合の、免許の減点数は
1点」だ。
違反から3ヶ月無違反で過ごすと点数は返ってくる。

【反則金】
大型車の場合は「¥7,000
普通車の場合は「¥6,000
ちなみに、ここでいう大型車は、車両総重量5,000kg以上、最大積載量3,000kg以上の車両のことである。



シートベルト

シートベルト装着義務違反


 シートベルトもうっかり締め忘れてしまう事が多いのではないだろうか。
最近では、シートベルトが締まっていないとブザーが鳴ったりするが、古いトラックに乗っている方は、メーターのランプすらないのではないだろうか。

【免許の減点数】
シートベルト装着義務違反で捕まった場合の、免許の減点数は「1点」だ。
こちらも違反から3ヶ月無違反で過ごすと点数が返ってくる。

【反則金】
シートベルト装着義務違反で捕まっても反則金は取られない。



一時停止の標識

一時不停止


 一時不停止は、停止線の直前で完全に停止しない場合に違反となる。
つまり、止まったつもりで安全確認して発車した所で、タイヤがピタッと止まっていなければ、それは一時不停止になって
しまう。
後続車なんて気にせずに、面倒でも毎回しっかり止まる癖を
付けよう。

【免許の減点数】
一時不停止で捕まった場合の、免許の減点数は「2点」だ。
点数が返ってくることはない。

【反則金】
大型車の場合は「¥9,000
普通車の場合は「¥7,000



貨物車進入禁止の標識

進入禁止


 トラックで多い進入禁止とは、一方通行を逆走、貨物車進入禁止の道路に気付かず進入。というのが多いだろう。
道路や路地に進入する前に、標識をよく確認しておきたい。

【免許の減点数】
進入禁止で捕まった場合の、免許の減点数は「2点」だ。
もちろん点数が返ってくることはない。

【反則金】
大型車の場合は「¥9,000
普通車の場合は「¥7,000



スピードメーター

スピード違反


 うっかりスピードを出しすぎてしまっている場合もあるだろう。
スピードによって違反の内容も変わってくるので注意したい。
また、一般道か、高速道路かにもよって違う。
詳しくは、以下の表を見てもらいたい。



【一般道での速度超過早見表】
速度|罰則 減点数 大型車の反則金 普通車の反則金
50km以上 12点 6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
40km~50km 6点 6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
35km~40km 6点 6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
30km~35km 6点 6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
25km~30km 3点 ¥25,000 ¥18,000
20km~25km 2点 ¥20,000 ¥15,000
15km~20km 1点 ¥15,000 ¥12,000
15km未満 1点 ¥12,000 ¥9,000


【高速道路での速度超過早見表】
速度|罰則 減点数 大型車の反則金 普通車の反則金
50km以上 12点 6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
40km~50km 6点 6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
6ヶ月の懲役又は
罰金¥100,000
35km~40km 3点 ¥40,000 ¥35,000
30km~35km 3点 ¥30,000 ¥25,000
25km~30km 3点 ¥25,000 ¥18,000
20km~25km 2点 ¥20,000 ¥15,000
15km~20km 1点 ¥15,000 ¥12,000
15km未満 1点 ¥12,000 ¥9,000

おわりに

 いかがだっただろうか。
もちろん、違反はこれらの他にもたくさんの種類があるが、今回は主要なものだけを集めてみた。
ちなみに、飲酒運転について書かなかったのは、飲酒運転はうっかりしてしまうものでは
ないからだ。
厳しいことを言うかもしれないが、飲酒運転を少しでも考える様な人は、トラック運転手に
向いていない。
というわけで、違反には気をつけて、安全な運転ライフを送ってほしい。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
ディーゼル規制の地域、罰金について
大阪府のディーゼル規制
関西のディーゼル規制(兵庫県)
首都圏のディーゼル規制(東京、埼玉、千葉、神奈川)
うっかり?トラック運転手が犯しやすい交通違反

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)