中型トラックの車検の費用、期間について

中型トラックの車検の費用、期間について

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
中型トラックコンドル
 あなたの所有しているトラックの車検、大丈夫だろうか。
というのも、トラックの車検の期間は短いので、いつの間にか車検が切れていた状態で走行していた。なんてことが起こりやすいのである。
今回は、トラックの中でも中型トラックの車検の費用や期間についてまとめてみたので、参考にして欲しい。

中型トラックの車検の費用

お金
 一口に中型トラックの車検の費用といっても、中型トラックにも種類はあるし、初年度登録からの年数などによっても違いが出てくる。
また、最近のトラックであればエコカー減税などの対象か、なども関係してくる。
そこで今回は、中型免許で乗ることが出来る「UDトラックス
コンドル」を例に、様々なパターンで車検の費用(原価)を計算してみよう。

【検証の車両情報】
UDトラックス・コンドル

  • 全長 - 8,445mm
  • 全幅 - 2,270mm
  • 全高 - 2,590mm
  • 最大積載量 - 6,300kg
  • 車両総重量 - 10,960kg

※実際は中型トラックにも様々な積載量があるが、この
クラスのものを中型トラックの平均的な数値とする。


【検査手数料】
中型トラックの車検を受ける際に、検査手数料を支払わなければならない。
この検査手数料は、中型トラックの場合は以下の通りだ。

  • 証紙 - ¥1,400
  • 印紙 - ¥400


【自賠責保険料】
自賠責保険は、加入していないと車検を取得することが出来ない保険だ。
そのため、強制保険などとも呼ばれている。
最大積載量が2,000kgを超えている車両の場合の「自家用」と「営業用(事業用)」の12ヶ月の料金は以下の通りだ。

  • 自家用(12ヶ月) - ¥35,730
  • 営業用(12ヶ月) - ¥49,900


【自動車重量税】
自動車重量税は、車検の際に必ず支払う税金である。
車両の重量によって料金が変わるが、先述の通り、初年度登録からの年数や、エコカー減税の対象かどうかによっても変化する。
こちらは車両総重量11,000kg以下の「自家用」と「事業用」を見てみよう。

条件|区分 自家用 事業用
エコカー減税
対象車
免税 免税(¥0) 免税(¥0)
75%減 ¥6,800 ¥6,800
50%減 ¥13,700 ¥13,700
エコカー減税
非対象車
エコカー ¥27,500 ¥27,500
初年度登録13年未満 ¥45,100 ¥28,600
初年度登録13年経過 ¥55,000 ¥29,700
初年度登録18年経過 ¥69,300 ¥30,800


【車検の費用(原価)の合計】
上記の項目から、あなたの中型トラックに当てはまる条件で車検の原価を算出する。
自家用、初年度登録から18年を経過しているのコンドルの場合だと以下のようになる。

  • 検査手数料 - ¥1,800
  • 自賠責保険料 - ¥35,730
  • 自動車重量税 - ¥69,300
  • 合計 - ¥106,830

これが車検の原価である。
つまり、あなたが自分で車検を受けた際に、なんの問題もなく合格すれば¥106,830で済んでしまう。
しかし、業者に依頼すると¥150,000以上はかかると思っていいだろう。
さらに故障箇所などが見つかればその分料金も上がる。

その他のトラックの車検の費用などについてはこちらの記事を参考にして欲しい。
トラックの車検の費用と、業者について

中型トラックの車検の期間

中型トラックレンジャー
 よく聞かれるのが、トラックの車検の期間についてだ。
軽自動車以外の貨物車の車検の期間は1年と決まっている。
つまり、小型トラックだろうと、中型トラックだろうと毎年車検を取らなければならない。
そう考えると、トラックの車検は割高に感じてしまう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
最小限に費用を抑えるには、ユーザー車検が良いが、自分で整備が出来ないのであれば、業者に依頼するのをおすすめする。
もしくは、古いトラックの場合なら買い替えも視野に入れた方がいいだろう。
都心部では排気ガスの規制で走行できないトラックもあるし、なにより新しいだけで燃費も良かったりする。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)