クレーン・デリック運転士の免許・資格の取り方

クレーン・デリック運転士の免許・資格の取り方

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
クレーン1
 クレーンやデリックを操作するにあたって、免許や資格が必要なのはご存知だろうか?
しかし、一口にクレーンの免許と言っても種類が存在する。
今回は、移動式や揚貨装置を除くクレーン・デリック運転士の免許、資格についてまとめてみた。
あなたが今から資格を取得するための参考にどうぞ。

クレーン・デリック運転士の免許と資格

クレーン免許
クレーン運転士の免許

免許・資格の分類

 クレーン・デリック運転士の免許と資格は大きく分けて以下のように分類される。

【運転免許】
国家資格であり、難易度も一番高いと思われるのが運転免許である。
クレーン・デリック運転士は運転免許に分類されている。
吊上げ重量も5t以上と制限がない。

【技能講習】
技能講習はあくまでも資格であり免許ではない。
クレーンを扱う技能講習は床上操作式クレーン運転技能講習のみだ。
※クレーン・デリック運転士とは呼ばない。

【特別教育】
特別教育は、講習を終了すれば取得できる資格である。
クレーンを扱う特別教育はクレーンの運転の業務に係る特別教育デリックの運転の業務に係る特別教育とがある。
※クレーン・デリック運転士とは呼ばない。


免許・資格別の吊り上げ荷重の早見表

免許|クレーン 5t未満の全ての
運転方式の
クレーン
跨線
テルハ
床上操作式
クレーン
床上運転式
クレーン
クレーン
(無線操作
も含む)
デリック
クレーン
デリック運転士
(限定なし)
クレーン
デリック運転士
(クレーン限定)
×
クレーン
デリック運転士
(床上運転式
クレーン限定)
× ×
床上操作式
クレーン
運転技能講習
× × ×
クレーンの
運転の業務に
係る特別教育
× × × ×
デリックの
運転の業務に
係る特別教育
× × × × × ※5t未満に限る

クレーン・デリック運転士の免許、資格の取得方法

クレーン2
 クレーンやデリックの免許や資格を取得するには、安全衛生技術センター、もしくは指定の教習所などで学科試験と実技試験を受ける他ない。
各免許がどのような試験内容なのかを見てみよう。

クレーン・デリック運転士(限定なし)


吊上げ重量5t以上ならクレーンもデリックも操作することができる免許である。

【操作できるクレーン】
  • 5t未満の全ての運転方式のクレーン
  • 跨線テルハ
  • 床上操作式クレーン
  • 床上運転式クレーン
  • クレーン(無線操作も含む)
  • デリック

となっている。

【試験科目】
学科
・クレーン及びデリックに関する知識
・クレーン及びデリックの関係法令
・原動機及び電気に関する知識
・力学に関する知識
実技
・クレーンの運転
・クレーンの運転のための合図

以上が試験科目の内容だ。

【取得の際の費用】
教習所に通った場合、およそ¥150,000~¥180,000ほどのようだ。


クレーン・デリック運転士(クレーン限定)


吊上げ重量が5t以上のクレーンを操作することができる免許である。

【操作できるクレーン】
  • 5t未満のすべての運転方式のクレーン
  • 跨線テルハ
  • 床上操作式クレーン
  • 床上運転式クレーン
  • クレーン(無線操作も含む)

となっている。

【試験科目】
学科
・クレーンに関する知識
・クレーンの関係法令
・原動機及び電気に関する知識
・力学に関する知識
実技
・クレーンの運転
・クレーンの運転のための合図

以上が試験項目の内容だ。

【取得の際の費用】
教習所に通った場合、およそ¥120,000~¥150,000ほどのようだ。


クレーン・デリック運転士(床上運転式クレーン限定)


吊上げ重量が5t以上の床上運転式クレーンを操作することができる免許である。

【操作できるクレーン】
  • 5t未満のすべての運転方式のクレーン
  • 跨線テルハ
  • 床上操作式クレーン
  • 床上運転式クレーン

となっている。

【試験科目】
学科
・クレーンに関する知識
・クレーンの関係法令
・原動機及び電気に関する知識
・力学に関する知識
実技
・床上運転式クレーンの運転
・クレーンの運転のための合図

以上が試験項目の内容だ。

【取得の際の費用】
教習所に通った場合、およそ¥120,000~¥150,000ほどのようだ。


床上操作式クレーン運転技能講習


こちらは、5t以上の床上操作式クレーンを操作することができる資格だ。

【操作できるクレーン】
  • 5t未満のすべての運転方式のクレーン
  • 跨線テルハ
  • 床上操作式クレーン

となっている。

【講習科目】
学科
・床上操作式クレーンに関する知識
・クレーンの関係法令
・原動機及び電気に関する知識
・修了試験
実技
・床上操作式クレーンの運転
・床上操作式クレーンの運転のための合図
・修了試験

以上が講習科目の内容だ。

【取得の際の費用】
教習所に通った場合、およそ¥30,000~¥40,000ほどのようだ。


クレーンの運転の業務に係る特別教育


吊上げ重量が5t未満のクレーンを操作することが可能な資格である。

【操作できるクレーン】
  • 5t未満のすべての運転方式のクレーン
  • 跨線テルハ

となっている。

【講習科目】
学科
・クレーンに関する知識
・クレーンの関係法令
・原動機及び電気に関する知識
・クレーンの運転のために必要な力学に関する知識
実技
・クレーンの運転
・クレーンの運転のための合図

以上が講習科目の内容だ。

【取得の際の費用】
教習所に通った場合、およそ¥10,000~¥20,000となっているようだ。


デリックの運転の業務に係る特別教育


吊上げ重量が5t未満のデリックを操作することが可能な資格である。

【講習科目】
学科
・デリックに関する知識
・デリックの関係法令
・原動機及び電気に関する知識
・デリックの運転のために必要な力学に関する知識
実技
・デリックの運転
・デリックの運転のための合図

以上が講習科目の内容だ。

【取得の際の費用】
教習所に通った場合、およそ¥10,000~¥20,000となっているようだ。

クレーン・デリック運転士の免許、資格の教習所

クレーン3
 一体どこの教習所でクレーンやデリックに関する免許や資格を取得できるのかを簡単にまとめてみたので活用して欲しい。

【クレーン・デリック運転士を取得できる全国の教習所】


クレーン・デリック運転士の免許、資格に関する情報

合格発表
合格発表は会場を選択しよう
 さて、ここでは教習所や資格の種類以外の情報を紹介したいと思う。

【合格発表】
さて、免許の試験の合格発表は誰しもが気になるところだと思う。
安全衛生技術試験協会では、自社サイトで合格発表も公開しているのでチェックしてみて欲しい。

最新の合格者 - 安全衛生技術試験協会

【過去問】
勉強するにあたって過去問を知りたい方は多いと思う。
そこで、過去問に関して記述されているサイトを紹介する。

おわりに

 いかがだっただろうか。
あなたにぴったりのクレーン・デリックの免許、資格を取得して欲しい。
その際に、この記事を参考にしていただけたのなら幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)