紛失してしまった自動車税納税証明書を再発行する方法

紛失してしまった自動車税納税証明書を再発行する方法

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
自動車税納税証明書
 あなたは、自分で所有している自動車の自動車税納税証明書をしっかり保管しているだろうか。
普段から気にかけている書類ではないので、紛失してしまったり、間違えて捨ててしまったという経験をお持ちの方も多いと思う。
そこで今回は、自動車税納税証明書の再発行の方法についてまとめてみた。
もし、紛失してしまい、再発行の必要がある時の参考にしてもらいたい。


              
                                                           

自動車税納税証明書とは

トラック
 そもそも、自動車税納税証明書とはどのような書類なのか。
自動車税納税証明書というと、いかにも「大切な書類」という感じがするが、実際は「領収書」に近いもので、書類というと少し大袈裟かもしれない。

5月頃に「納税通知書」が届く。これが支払いの用紙になっており、見た目は公共料金のコンビニ支払いの用紙に似ている。
もちろん、コンビニでの支払いは可能だ。その際に控えとして受け取るのが自動車税納税証明書なのである。

ハッキリ言って、うっかり捨ててしまう様な代物で、実際に捨ててしまっている人を何人も見てきた。

しかし、そんなうっかり捨ててしまうような自動車税納税証明書が必要な場面がある。

【自動車税納税証明書が必要な主な場面】
  • 車検
  • 自動車の売却

これらの際に必要となる。

では、実際に再発行をしてみよう。

自動車税納税証明書の再発行の方法


再発行された自動車税納税証明書
 まず自動車税納税証明書の再発行に必要な物を用意しよう。

【自動車税納税証明書の再発行の際に必要な物】
  • 車検証
  • 印鑑※不要な可能性あり
  • 身分証明書※不要な可能性あり

たったこれだけだ。
更に言うと、私は印鑑や身分証明書を提示してくれと言われたことすらない。
しかし、全国の都道府県で不要とは言い切れないので念の為に用意しよう。

さて、肝心なのは、どこで自動車税納税証明書の再発行が行えるのかということだろう。

【自動車税納税証明書を再発行できる場所】
  • 各都道府県の税事務所
  • 各都道府県の自動車税事務所

にて、自動車税納税証明書の再発行が行える。
県税事務所などは知っていても、自動車税事務所を知らない方は多いと思うので簡単に説明しておく。

【自動車税事務所とは】
自動車税事務所とは、自動車の登録などを行う陸運局に併設されていることがほとんどで、自動車税に関してのみ取り扱っている事務所である。

なお、全国の自動車税事務所をまとめられているサイトがあったので参考にしてもらいた。
全国の自動車税事務所一覧 - リンク集 - くるなび

さて、県税事務所、または自動車税事務所についたら「自動車税証明書を再発行したい」との旨を伝えれば「自動車税納税証明書交付申請書」という用紙を用意してくれるはずだ。
主な記入項目を説明しよう。

【使用者名】
車検証に記載されている「使用者」の名前を記入しよう。

【車両番号】
車両番号とは、ナンバープレートに記載されている番号だ。
車検証を見ながら記入しよう。

【申請人情報】
申請に来た人の住所、氏名、電話番号を記入しよう。
この際に捺印の必要があるかもしれない。

【申請日】
申請に来た日付を記入しよう。

以上で用紙の記入は終了だ。
この用紙を窓口に提出し、未納や滞納などの問題がなければ、無事に自動車税納税証明書が再発行されているはずだ。

おわりに

 いかがだっただろうか。
県税事務所に行くのは面倒だが、申請自体は簡単にできたはずだ。
もしあなたがこの記事を参考に自動車税納税証明書を再発行していただけたら幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)