トラックの売却時に必要な7つの書類

トラックの売却時に必要な7つの書類

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
必要な書類
 所有しているトラックを手放す際は、スムーズに取引をしたいものだ。
一番面倒なのは、「用意した書類では足りない」と言われ、またしても役場まで書類を取りに行ったりしなければならないことだろう。
あなたはトラックの売却時に必要な書類をすべて知っているだろうか。
今回は、トラックの売却時に必要な書類をまとめたので、売却相手に渡す前のチェックリストとして活用して欲しい。


              
                                                           

トラックの売却時に必要な7つの書類

トラック
 各書類がどういったものなのかを解説していく。

【委任状】
委任状とは、「トラックの所有者」と「陸運局にて実際に手続きする人」が違う場合に必要になる実印を捺印した書類である。
中古トラックディーラーなどに売却する場合は、あなたはその業者に登録に関する権限を委任する形となる。
あなた自身が陸運局に立ち会うのであれば必要のない書類だが、まずそんな事はないので、用意しておこう。

委任状の書き方については、こちらの記事を参考にしてもらいたい。
委任状の書き方

【譲渡証明書】
譲渡証明書とは、旧所有者(あなた)が新所有者(中古トラックディーラーなど)にトラックを譲渡したことを証明するための書類である。
こちらも、あなたの実印の捺印が必要である。

譲渡証の書き方については、こちらの記事を参考にしてもらいたい。
譲渡証明書の書き方

【印鑑登録証明書(印鑑証明)】
印鑑登録証明書とは、いわゆる印鑑証明のことである。
委任状や譲渡証に捺印された実印が本物かどうかを証明するための書類なので絶対に必要だ。
また、印鑑証明には期限があるので、なるべく新しく取得した印鑑証明を用意しておこう。

印鑑証明の取り方については、こちらの記事を参考にしてもらいたい。
印鑑証明の取り方

【自動車検査証(車検証)】
自動車検査証、いわゆる車検証だが、もちろん、売却時に必要である。
車両に関する情報が全て詰まっていると言っても過言ではないほど重要な書類だ。
トラックを購入した際に受け取っているはずなので見当たらない場合はグローブボックスの中なども探してみよう。

【自動車税納税証明書】
自動車税納税証明書とは、あなたのトラックの自動車税を支払っている事を証明するものだ。
もし、まだ支払っていない場合は、早急に支払って自動車税納税証明書をもらおう。
支払わずに売却してしまうと、新所有者は車検を受けることができなくなってしまったりする。

【自賠責保険証明書】
自賠責保険証明書とは、車検を受ける際に加入しなければならない自賠責保険の保険証である。
公道を走る自動車は自賠責保険に入らなければならないので、あなたのトラックも加入してあるはずだ。
車検証と一緒に保管してある事が多いので、見当たらない場合はよく探してみよう。

【事業用自動車等連絡書(ナンバープレートが緑色の場合)】
事業用自動車等連絡書とは、事業用自動車(ナンバープレートが緑色の車両)が何かを変更する際に必要になる書類である。
売却の場合は、車両の所有者が変わるので必須だ。
しかし、あなたのトラックのナンバープレートが白色の場合なら必要ない。

事業用自動車等連絡書の書き方については、こちらの記事を参考にしてもらいたい。
事業用自動車等連絡書の書き方

【Tips】
トラックの売却については、こちらのページが分かりやすかったので参考にして欲しい。
トラック買取に必要な書類
中古トラックの売却の流れ

まとめ

 いかがだっただろうか。
売却する相手が中古トラックディーラーなどの場合なら、相手先から必要書類に関して説明されるとは思う。
しかし、これらの書類は個人売買の際でも必要な書類なので、漏れなく用意してスムーズな取引をして貰えたら幸いだ。


~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)