保管場所使用承諾証明書の書き方

保管場所使用承諾証明書の書き方

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
保管場所使用承諾証明書
 車庫証明を取得する際に必要な書類がいくつかあるのをご存知だろうか。
それぞれの書類を書くのは面倒かもしれないが、あなた自身で車庫証明を取得したほうが費用も抑えることができてお得だ。
今回は、その中でも保管場所使用承諾証明書の書き方を紹介する。

保管場所使用承諾証明書とは

中央警察署
 車庫証明を取得するためには、いくつかの必要な書類と手順がある。

【車庫証明の取得方法】
車庫証明の取り方

【車庫証明取得の際に必要な書類】

上記の書類が必要になる。
その中でも、保管場所使用承諾証明書とは、月極駐車場のように車庫の所有者が他人の場合に、車庫の所有者から使用を許可されていることを証明するための書類である。
それでは、下記より用紙を印刷して実際に記入してみよう。

保管場所使用承諾証明書のPDFファイル - 警視庁

※保管場所の所有者があなた自身の場合は「保管場所使用権原疎明書面(自認証)」、他人(月極駐車場など)の場合は「保管場所使用承諾証明書」のいずれかを用意する。

※保管場所の所有者があなた自身の場合は「保管場所使用権原疎明書面(自認書)の書き方」を読んでいただきたい。

保管場所使用承諾証明書の書き方

保管場所使用承諾証明書の記入例
記入例(拡大可能)
 さて、保管場所使用承諾証明書の書き方だが、大きく分けて「あなたが書く項目」「土地の所有者(承諾者)に書いてもらう項目」の2つの項目がある。


あなたが書く項目

【保管場所の位置】
実際に駐車する車庫の住所、駐車場の名称、駐車場位置番号を記入する。
駐車場の名称や、駐車場位置番号がない場合は空欄にしておこう。

【保管場所の使用者】
ここには、「自動車保管場所証明申請書の書き方」で記入したあなたの自動車の使用の本拠の位置と同じ住所と、あなたの氏名、電話番号を記入しよう。

【保管場所の契約者】
ここには、実際に車庫を契約した人の情報を記入する。
あなた自身が契約者なら、「上記に同じ」と記入すれば良い。
また、契約者があなたとは異なる場合には、契約者の住所、氏名、電話番号を記入すること。
さらに、あなたと契約者の関係に当てはまる物を以下から選んで○印を付ける。

  • 本店支店
  • 親族
  • その他

その他の場合は、両者の関係を簡潔に記入する。

【使用期間】
車庫の契約期間と同じになるとは思うが、基本的に使用期間が1年以上でないと認められないことがほとんどなので、特別な理由がない限り1年以上の期間で記入しておこう。

※未記入の状態の用紙を持っていけば、土地の所有者が保管場所の位置や、使用期間を記入してくれることもある。 ※予め、土地の所有者が用紙を用意してくれている場合もある。



土地の所有者(承諾者)に書いてもらう項目

正当な承諾権者(車庫の所有者、または委託を受けた車庫の管理人など)に書いて貰う必要がある項目について説明する。

【記載日】
承諾権者の記載日を記入してもらう。

【承諾権者の情報】
承諾権者の住所、氏名、電話番号を記入してもらい、捺印もしてもらおう。


おわりに

 いかがだっただろうか。
土地の所有者に記載してもらわなければならないのは面倒だが、他人所有の車庫の場合、絶対に必要なので車庫証明を取得する際には書かねばならない。
あなたがこの記事の書き方を参考に保管場所使用承諾証明書を記入していただければ幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)