ダンプとは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンプの形状

ダンプ
 あなたは、上司から「トラックに積まれた土砂や、産業廃棄物を下ろしておけ」と頼まれた。
工事現場などで出た、土砂や産業廃棄物をトラックの荷台からイチイチ下ろすのは手間だし、はっきり言って時間の無駄だ。
そんな無駄をな作業の効率を上げてくれるのがダンプである。
ダンプとは、荷台を後ろに傾けて滑り台のように積荷を下ろしてくれるスグレモノなのだ。
今回は、そんなダンプについてまとめてみたので、あなたが頼まれた作業の効率を上げたいのなら参考にしてほしい。

ダンプの用途と種類

工事現場

ダンプの用途

 ダンプの用途は、ほとんどが工事現場で出た土砂や産業廃棄物の積み下ろしだろう。
日本のダンプトラックは最大積載量11tまでと決められていて小型トラックで2t~4t、中型トラックで5t~8t、大型が10t程度になっている。
しかし土砂は重いので気付かないうちに過積載となりやすい。
そのため、荷台の容積が最大積載量÷1.6を超えるものは、土砂禁止ダンプになってしまう。





ウッドチップの上を楽しそうに走る犬

ダンプの種類

三転ダンプ
 通常のダンプは積荷を後方へ落とすようになっているが、三転ダンプは違う。
後方の他に左右へと積荷を下ろすことが可能なのだ。
あなたが後方だけでは不満なら三転ダンプの導入を考えたほうがいいだろう。

チップダンプ
 チップダンプとはウッドチップを運ぶためのダンプである。
ウッドチップはドッグランなどにも使用されるので、汚れを防ぐためにも専用のダンプを用意した方がいいだろう。

深ダンプ(土砂禁止ダンプ)
 メインで運搬するものが土砂ではない場合、もっと深い荷台が必要になるだろう。
そんな時に、活躍してくれるのが深ダンプだ。
もちろん容積が大きくなってしまっているので、土砂は積めない。

ダンプの車種

ダンプ

代表的な車種

 トラックメーカーのラインナップにダンプが入っていることは珍しいことではない。
ここでは、メーカー純正のダンプを紹介する。

【日野・デュトロ】
 デュトロとは、日野自動車が販売している小型トラックである。
デュトロのラインナップにはダンプが設定されている。
日野・デュトロのダンプ 公式サイト:
http://www.hino.co.jp/dutro/feature/lineup02.html

【マツダ・タイタン】
 タイタンとは、マツダが販売している小型トラックである。
タイタンにもダンプがラインナップされている。
マツダ・タイタンのダンプ 公式サイト:
http://www.titan.mazda.co.jp/titan_dump/

【日野・プロフィア】
 プロフィアとは、日野自動車が販売している大型トラックである。
大型のプロフィアにもダンプがラインナップされている。
日野・プロフィアのダンプ 公式サイト:
http://www.hino.co.jp/profia/lineup/dump/




ダンプ

代表的な架装メーカー

【極東開発工業株式会社】
〒663-8545
兵庫県西宮市甲子園口6-1-45
極東開発工業株式会社のダンプのページ:
http://www.kyokuto.com/

【新明和工業株式会社】
〒665-0052
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社のダンプのページ:
http://www.shinmaywa.co.jp/truck/products/dump/index.htm

【有限会社山田車輌】
〒611-0041
京都府宇治市槇島町目川56-1
有限会社山田車輌のダンプのページ:
http://www.yamada-sharyo.com/works/truck.html



~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)