トラッククレーンとは

トラッククレーンとは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            

トラッククレーンの形状

トラッククレーン
 街でよく見かけるクレーン車(ユニック)は機動性も高く便利だが、より巨大な物を釣り上げないとしたらクレーン車で大丈夫なのだろうか...
あくまでクレーン車は、"トラックにクレーンを取り付けた"にすぎないが、トラッククレーンは違う。
トラッククレーンはクレーンにトラックを取り付けたのだ。
荷台など存在しないし、クレーンの運転席とトラックの運転席は別々になっている。
これにより、移動ができ、かつ巨大なものを吊り上げることを可能にしている。
今回は、そんなトラッククレーンについてまとめてみたので、参考にしてほしい。


              
                                                           

トラッククレーンの用途と種類

釣り

トラッククレーンの用途

 トラッククレーンでは、吊上荷重が5t~300t以上の物があり、クレーン車とは比べ物にならないぐらいの性能を発揮できる。
しかし、5tを超えるクレーンの扱いには免許が必要なので、個人で使う機会はほとんど無いと思うが、建設会社や、解体業者などには需要があるだろう。




トラッククレーン

トラッククレーンの種類

クレーン車(ユニック)
 より小型なもので十分なのであれば、クレーン車をおすすめする。
ダンプや、ローダーなどと組み合わせられたものも数多くあるので使い勝手は良いだろう。

オールテレーンクレーン
 基本的には、トラッククレーンに似ているが、オールテレーンクレーンは各軸の操舵が可能なため、悪路走行性や小回りにおいてトラッククレーンよりも優れている。
近年では、トラッククレーンよりも需要が高まっていて、恐らくこれからはオールテレーンクレーンが主流になるのではないだろうか。
加藤製作所の"オルタークレーン"が有名なので、オルタークレーンとも呼ばれる。

ラフテレーンクレーン
 ラフテレーンクレーンは、悪路走行性に長けているが、吊上荷重がトラッククレーンよりも低く最大級でも70tクラスである。
さらに、公道を走る際には制限速度が49km/hとなっているので目的地へ到着するのに時間がかかってしまう。

トラッククレーンの車種

トラッククレーン
 トラッククレーンを購入しようとした時に中古であれば、すでに一体になっている完成車を購入すればいい。
しかし、新車で購入しようと思ったら、キャビンとクレーン部分で別々に購入するしかない。
見かけることの多いキャビンと、代表的な架装メーカーを紹介したい。

代表的な車種

【三菱ふそう・ファイター】
 ファイターとは、三菱ふそうが販売している中型トラックである。
三菱ふそう・ファイターの公式サイト:
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/lineup/truck/fighter/11/index.html

【三菱ふそう・スーパーグレート】
 スーパーグレートとは、三菱ふそうが販売している大型トラックである。
三菱ふそう・スーパーグレートの公式サイト:
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/lineup/truck/super_great/10/

【UDトラックス・コンドル】
 コンドルとは、UDトラックスが販売している中型トラックである。
UDトラックス・コンドルの公式サイト:
http://www.udtrucks.com/ja-jp/trucks/condor/pk




トラッククレーン

代表的な架装メーカー

【株式会社タダノ】
〒761-0102
香川県高松市新田町甲34
株式会社タダノのトラッククレーンのページ:
http://www.tadano.co.jp/products/construction/crane/truck/

【株式会社加藤製作所】
〒140-0011
東京都品川区東大井1-9-37
株式会社加藤製作所のトラッククレーンのページ:
http://www.kato-works.co.jp/products/truck/list.html


~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)